2018年度 活動の記録


   4月1日(日)、2018年度がスタートしました。定例の世界遺産ビデオ学習会は193回目になりました。
 春爛漫のお花見日和にもかかわらず、26人の皆さんがご参加くださいました。
   定例会以外の事業計画は未定ですが、5月の総会でお諮りし、実施できるように計画を練っています。
 会員が協力し合って、楽しく学ぶことを目指して行きたいと考えています。宜しくお願いいたします。


                     



   
     浜松市天然記念物「瀬尻ノアカヤシオ群落」は今年も花を咲かせました。

  世界遺産の会は2010年4月6日、 緑の羽根募金交付事として、浜松市天然記念物「瀬尻ノアカヤシオ群落」植生調査 を
 初めて実施しました。その後は群落の状態や開花確認を継続しています。
  今年は4月に入って急速に気温が上がり、各地で夏日を記録し山の緑も初夏の色に急変していますので、今日(4月4日)
 確認に出かけました。周辺の山が間伐や皆伐ですっかり明るくなっていました。目印のイイギリの大木も切り倒されていましたので、
 群落への降り口の様子も変わっていました。
  少し下るとアカヤシオの独特の花の色が見え、ホッとしました。今まさに満開です。痩せ尾根と急な岩場のため近づくのが危険です。
 今回ここで確認できたのは5本です。2010年に河内沢の林道に設置した案内標識からも、2本の開花が確認できました。
 これ以上減少しないように守りたいものです。


     
   


  トップページに戻る