活動の記録 2022年度

 
 2022年度がスタートしました
 新型コロナウイルスが世界中に蔓延して3年の歳月が経過した。私たちは 各自ができる対策を怠りなく油断なく行動する生活が
 日常化しています。それでもなお、収束の気配どころか、新たなウイルスに怯える毎日です。
 
 世界遺産の会は定例会(世界遺産ビデオ学習会)だけは、会場のクリエート浜松が開館している限り継続致します。
 今年度もその他の事業計画は全く未定の状態です。状況を注視して、可能性を探りつつ活動したいと考えています。
 計画実施については、その都度ご連絡しますので、ご了承ください。
 

  

      4月3日(日)2022年度最初の 237回定例ビデオ学習会を予定通り実施しました。



       文化講演会  世界遺産「神宿る島、沖ノ島」と浜松

    世界文化遺産に登録されている「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の登録資産の一つである「沖ノ島」の
 祭祀遺跡(福岡県)と浜松市北区引佐町にある「天白磐座遺跡」(五世紀)との関係を磐座祭祀遺跡からさぐる
 文化講演会を開催しました。


   日 時  2022年4月16日(土) 午後1時30分~3時30分
   講 師  浜松市文化財課 課長 鈴木 一有 さん
   会 場  クリエート浜松53会議室


   



    「古代東山道」神坂・園原と「義経駒つなぎの桜」を訪ねて
  
  1300年前、朝廷は近江国(滋賀県)勢多から陸奥国(宮城県)多賀城まで通じる1000Kmの「東山道」を
 作りました。この道は「支配、軍事の道」、「防人の道」、「納税の道」馬を都に運ぶ道として利用されました。
 この東山道の最大の難所が神坂峠やその麓である園原の里は、都でも広く知られ、古事記、日本書紀をはじめ
 万葉集、源氏物語など多くの古文学にも登場しています。
  園原の里から神坂峠に向かう古代東山道を樹齢800余年といわれる「義経駒つなぎの桜」訪ねて
 山々の新緑と桜、桃の花の中を史跡を辿りながら、ゆっくりと神坂神社までを往復(14000歩)しました。
 
  

       

                    
  

  
 
  

       満蒙開拓平和祈念館見学
      今、伝えなければならない満蒙開拓の歴史ー平和への願いー


   8月27日(土)、長野県下伊那郡阿智村に「満蒙開拓平和祈念館」をたずねました。
  

 戦後70年平和祈念映画「望郷の鐘」を事前学習として鑑賞、浜松市都田町の「白昭の歴史を語る会」の新聞記事
 中国残留孤児の救出に生涯をかけた故山本慈昭師の新聞記事も事前に精読し、予備知識を得たうえでの見学会は
 記念館が制作したDVD「満蒙開拓の真実~国策移民の実像と悲劇~」をはじめ展示された資料や写真などからも
 一層の理解を深めることができました。記念館の上に建つ、山本慈昭師の長岳寺に「望郷の鐘」を撞きにに立ち寄る
 こともできました


  

            

 トップページペに戻る